焼きのどぐろだし

価格: ¥1,800 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

レビューはありません

あさりパスタ

のどぐろって焼くと甘みがますって知ってました?


おすまし 定番の鰹ふり出し、あごだしに、焼きのどぐろだしが仲間入りしました!高級魚で知られるのどぐろは、いつも脂がのっていて炙ったり、焼いたり、火を入れることで旨味が増すんです。







のどぐろ 前にこんなことがありました。取引先の仲卸業の社長と会食をしたときのこと、その会食の店は、仲卸業の社長が魚を卸ろしている地元でも有名な老舗の寿司屋です「のどぐろって香りが美味しいですよね!」するとカウンターの中にいた店主が「そうなんだよお客さん!のどぐろはねぇ~脂が美味しいんだよ、よく気が付いたね」と、のどぐろの話で盛り上がったことがあります。





焼きのどぐろだし 焼いたり、炙ったりと火を入れることで旨味が増すのどぐろを、日常の食事で食べることが出来たらいいなぁ~、という思いから出来上がったおだしです。そんな魚屋の日常から、出来上がった焼きのどぐろだしを、いつもご愛顧いただいているお客様に、ご紹介したくて定番の鰹ふりだし、あごだしとの3セット企画をいたしました。


*焼きのどぐろだしで キノコのあんかけオムレツ と作ると素材の味が引き立ちます 


焼きのどぐろだし

 今回、初お目見えの焼のどぐろだしは、脂ののった日本海産の、のどぐろを特殊加工で焼き上げ、鰹節、煮干、鰯、昆布、椎茸を使用したこだわりの万能和風だしです。 袋を破って中の粉末を調味料として使用することもできて、クセが無いのに旨味があるから、お料理の隠し味にぴったり で味が決まりやすく上品なおだしです

  

のどぐろ ってこんな魚

のどぐろ絵  のどぐろはスズキ科の仲間でアカムツといい、やや深めの海にいる朱紅色の魚です
地域で呼び名がかわり、アカウオ、トラハツメ、キンギョなどと呼ばれるそうですが、島根、京都石川など日本海側では、のどぐろ と呼ばれています。喉が黒いから「のどぐろ」と呼ばれているのですが、いつも脂がのっている美味しい魚です。お刺身もおいしいのですが、炙りや焼くことで脂の旨味が引き立てられるので、炙りの寿司は格別に美味しい高級魚です


何にでもつかってます


店長 写真

味が決まるから助かってます

ゆっくりお料理が出来るのは、お休みの日だけの私。普段は仕事から帰ったら急いでご飯の支度をしなくちゃいけないから、主人にも申し訳ないなぁ~って思っていたけど、焼きのどぐろのおだしは癖が無いから洋風のお料理にも使ってます! カレーライスを作るときの隠し味やアクアパッツァを作るときの隠し味、ホウレン草のお浸しの下味にするとホウレン草の青臭さが気にならなくなり、主人も喜んで食べてくれます


焼きのどぐろだし 


焼きのどぐろだし 脂が美味しい高級魚のどぐろを、焼き上げることで最大限に旨味を引出しおだしにしました。クセが無く、コクのあるおだしに仕上がっているので、調味料としてもお使いいただける、優れモノで和風のお料理だけでなく、パスタやシチュー、だし巻き卵の隠し味にも合い、味が決まりやすい上品な味です。焼きのどぐろだしには、自分の時間がなかなか取れない子育て中のママ、仕事と家庭の両立で目まぐるしく動き回るお母さん、めちゃくちゃ仕事に没頭して気が付けば自分の事は置き去りになってしまう女性に、少しでもお役に立ちたいという思いが込められてます。






店長の山田がよくある質問にお答えします

QA山田編


他にもこんな商品があります

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ